FPへの相談で不安スッキリ!保険に加入するためにやるべきこと

  • 女性向けの保険

    あなたに向いた保険があります。それを見つけ、加入することが出来れば、安心して生活することが出来るでしょう。ここでは、特に女性向けの保険に関する相談について、取り上げます。

  • お金のことに注目

    女性が保険の相談を行うときに必ず気にしておきたいことに、毎月支払う保険料が挙げられます。あまり高額な保険料がかかるプランを選ぶと、生活を圧迫することもあります。ですから、適切な費用を検討することが大切です。

  • 出産に関わる費用

    女性向け保険を相談しながら検討するときには、いつかやってくる結婚から妊娠、そして出産までに関わる費用に対する保障がどうなっているかをよく考えることが大切です。公的保険制度の対象外だからこそ、この点は重要です。

  • 違いがある

    その人の置かれている環境等によってその時々に必要な保険が違ってきます。性別などによっても変わって来るため、男性か、女性かによって選択する保険にも違いが出てきます。

加入する前の相談

専門家に聞くこと

昔の人は偉いもので、ユーモラスな香りさえ漂わせながら、ひと言でビシッと物事の本質をつく言葉を編み出すのがとても上手でした。
たとえば、ここで挙げたいのは「餅は餅屋」という言葉。正月にはついついパクパクいっちゃう美味しいお餅。これをつくるのはやっぱり餅屋さんに限るというのが昔の人の言い分で、意味は「専門家に任せよう」ということです。
何かをしようと思ったとき、それを専門に扱う人がきっといます。それをしようと思ったときには、その専門家の人に聞くことで解決することが出来るのです。

保険についても、同じことが言えます。「もしもの備え」としてぜひ加入しておきたい保険。でも、「どんなのに加入したらいいかわからないわ」という場合には、保険の専門家にお話を聞きましょう。
彼らは、ファイナンシャルプランナー(FP)と呼ばれています。

FPとは?

ファイナンシャルプランナー。Financial Plannerは、保険の専門家として、保険代理店の相談窓口などにいます。
とはいえ、厳密に正確なことを言うのであれば、「保険」のみを専門とする人たちではありません。そもそも「Financial」という言葉は、「金融の」とか「財政的な」とかいう意味の形容詞。
金融、つまりお金関係のプランを立てることを専門に仕事をしているのが、ファイナンシャルプランナーという人たちなのです。

保険は、月々保険料を支払い、何か事が起きたときには保障内容に従ってお金を受け取ることが出来るというもの。つまり、大いに金融に関係する、財政的なものなのです。
相談に訪れた人たちの財政状況を確認し、個々の状況を考えて一番負担が軽く、充実した保障を受けることが出来るという保険を提案してくれるのです。

  • 病気で選択

    女性には女性特有の病気などがあったりします。そのため、保険などに加入する場合はそういったものへのケア対応などがしっかりしているものを選択しましょう。例えばなりやすい病気などで選択しても良いでしょう。

  • 窓口で聞く

    保険には色んな種類があるため、多くの場合その人に合わせて選択するものが変化してきます。だからこそどの保険に加入すべきか考える際は窓口などで相談して決めていくと良いでしょう。